校長挨拶

校   長    冨 田 敦

 本校は、さいたま市北部「市民の森」に近く、校歌に「見沼のほとり みどり映え」とあるように、見沼代用水と芝川に囲まれた広大で恵まれた自然環境の中に位置しています。学校沿いの見事な桜並木、芝川土手の菜の花畑は、私たちの心を和ませてくれます。

 三角屋根を配したモダンな校舎は周囲の環境に溶け込み、充実した施設・設備は恵まれた教育環境を作り出しています。平成8年、旧大宮市に開校以来、歴代教職員の熱心な教育活動や保護者・地域の皆様の多大なご支援ご協力により、順調に発展してきました。平成31年度は開校24年目となり、新たに130名の新入生を迎え、全校生徒403名、14学級(通常学級12、特別支援学級2)、非常勤を含めて42名の教職員でスタートしました。

 目指す学校像を「生徒・保護者・地域から信頼され、きれいで安全で安心できる学校」「生徒一人ひとりが存在感、満足感、成就感を味わえる学校」「教職員が働き甲斐のある学校」といたしました。また、「当たり前のことを当たり前に行い、土呂中生としての誇りを大切にできる生徒」を目指す生徒像として保護者の皆様や地域の皆様への感謝の気持ちや愛校心を大切にできる生徒を育んでいきたいと考えております。

 開校以来の学校教育目標「『主体的に生きる人間の育成』-意欲・健康・豊かな心-」の具現化に向け、保護者・地域の皆様に信頼される学校づくりに一丸となって取り組んでいきます。
 今後とも本校教育の発展のため、一層のご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

Top